ボーイズラブのすゝめ

ボーイズラブ系のコミックス&小説の感想を中心に。

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2)』(豊田悠/スクウェア・エニックスガンガンコミックスpixiv)感想【ネタばれあり】

豊田悠先生の『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2)』の感想です。 今回も社員旅行に、黒沢の美人の元カノ(?)登場や同居話など内容盛りだくさん。 二人の仲の進展具合は亀の歩みですが、そのもどかしさに返ってニヤニヤしてしまいます。

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(1)』(豊田悠/スクウェア・エニックスガンガンコミックスpixiv)感想【ネタばれあり】

豊田悠先生の『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(1)』の感想です。 pixivコミックスで連載中の作品。 社内一のイケメン・黒沢と、30歳まで童貞で触れた人の心を読める力を手に入れてしまった地味っ子・安達が繰り広げるラブコメディ。 黒沢の色々…

『S宿二丁目ラブアワー』(露久ふみ/オーバーラップリキューレコミックス)感想【ネタばれあり】

露久ふみ先生の『S宿二丁目ラブアワー』の感想です。 女装男子・京子(仮名)×(元)バリタチ・泉のラブコメディ。 見かけと中身にギャップのある肉食系な攻めと、負けず嫌いだけれどちょろい受けのやり取りが面白い。 京子の甥・秀一×年上の幼馴染・旭の物…

『ただいま、おかえり ーかがやくひー』(いちかわ壱/ふゅーじょんぷろだくとTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS)感想【ネタばれあり】

いちかわ壱先生の『ただいま、おかえり ーかがやくひー』の感想です。 オメガバース設定のほのぼの家族物『ただいま、おかえり』の続編。 新たな家族・陽も加わって、藤吉家はさらに賑やかに……。 そして、今回は真生がずっと避けていた故郷へ里帰りする事に…

『ただいま、おかえり』(いちかわ壱/ふゅーじょんぷろだくとTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS)感想【ネタばれあり】

いちかわ壱先生の『ただいま、おかえり』の感想です。 オメガバース設定の物語。 オメガバース設定に関しては、本作冒頭でも説明されているので、オメガバース物を初めて読まれる方もご安心を。 本作に関してはとりあえず、男女の他にα、β、Ωという二次性が…

『食べてもおいしくありません』(山田2丁目/リブレビーボーイコミックスデラックス)感想【ネタばれあり】

山田2丁目先生の『食べてもおいしくありません』の感想です。 世界人口の9割を占める「オニ」と、希少種になってしまった「ヒト」が繰り広げる異種族間ラブコメディ。

『くそくらえ純愛』(風緒/竹書房バンブーコミックス 麗人uno!)感想【ネタばれあり】

風緒先生の『くそくらえ純愛』の感想です。 「同じ相手とは二度と寝ない」主義を持っていた峯谷と滝野。 しかし、彼らは単に身持ちが緩い人間ではなく、どちらも過去に拭いきれない心の傷を負っています。 そんな二人がトラウマにケリをつけ、徐々に歩み寄っ…

『ホテル王はそれを我慢しない』(慧/KADOKAWAフルールコミックス)感想【ネタばれあり】

慧先生の『ホテル王はそれを我慢しない』の感想です。 ホテルマン達の恋を描いた『エリートの理性も限界だ』のスピンオフですが、こちら単体でも楽しめます。 ラスベガスのホテル王×フロントクラーク。 攻めがホテル王という事で、もっと浮世離れした物語を…

『交渉人は疑わない』(榎田尤利/大洋図書SHY NOVELS)感想【ネタばれあり】

榎田尤利先生の『交渉人は疑わない』の感想です。 相変わらず口八丁と度胸でトラブルを乗り越えていく芽吹の生き様が痛快。 そして今回、芽吹は兵頭が過去に逮捕された経緯を知る事になります。 際どいながらも、今まで一線超えなかった二人の関係に変化も。

『僕のおまわりさん(2)』(にやま/竹書房バンブーコミックスmoment)感想【ネタばれあり】

にやま先生の『僕のおまわりさん(2)』の感想です。 両想いになってから季節は巡り、とうとう同棲生活を始めた誠治と晋。 前巻よりもさらにラブ度がアップ。 誠治の友人で『無邪気なわんこと猫かぶり』で主役を務めた赤坂×八木もたくさん登場し、晋×誠治を…